トップページヘ
病気のお話

肛門痛

どのような病気か

治療についてのご案内
肛門痛には大きく分けると、病変の明確な症候性肛門痛と、原因のわからない無症候性肛門痛の二つがあります。
肛門痛は一般にチクチクしたり、ズキズキしたり、ジーンとした感じがあります。 一方、直腸痛はズーンとした鈍痛、ボールがはまりこんだ感じ、神経痛のような発作性の痛み、いつも便が出たい感じなどがあります。
症候性肛門痛の原因も治療法もよく研究されていて納得できますが、無症候性はわからないことがたくさんあり、患者も医師も困っています。

現れ方〈症候性肛門痛の場合〉

肛門痛は病変が歯状線より下にあるときにおこります。痛みの特徴から病名を推測することが可能です。おもなものは次の通りです。

・痔核
とくに肛門の外に小豆大から小指頭大のしこりが急にできて、ズキズキ痛んで座りにくくなります。
急にスポーツをしたり、深酒の後でおこることがあります(血栓性外痔核)。普段から脱肛があり、それが急に大きくふくれ上がり、肛門内におさまらなくなった場合は激痛が走ります。こうなると痛さのあまりに一晩中眠れないこともあります(嵌頓痔核)。

・肛門周囲膿瘍
歯状線にある肛門小窩への感染で、肛門周辺にうみがたまったものです。化膿ですから、やはりズキンズキンと痛み、熱が出ます。深い膿瘍ほど重苦しくて不眠になります。うみが出ると急に楽になります。

・肛門小窩炎
肛門小窩の炎症で、長く座っていると鈍い痛みがあり、ときどき立ち上がらないと耐えられない重い感じがあります。痔瘻がくすぶっている場合も同じ症状です。

・裂肛(切れ痔)
新しい切れ痔は刺すような鋭い痛みで、脳天へ響くといわれています。
傷が古くなると尾骨まで鈍く痛みます。とくに排便のあとに強く感じます。下痢ではしみるような痛みとなります。

・肛門がん
肛門周辺に硬いしこりができて、一定の強い痛みがあります。痔瘻にがんができる痔痩がんも同様です。痔瘻がんでは長い間、痔痩が治らないままに年月が経っています。

現れ方〈無症候性肛門痛の場合〉

無症候性肛門痛では消散性直腸肛門痛が注目されています。
痛みはどちらかというと直腸に強く感じますが、夜間に直腸から肛門にかけて神経痛のような激痛がおこり、朝方になると急に痛みが焼失します。
無性に便が出たい感じがします。検査をしても何も病変が発見されず、病院を転々とする傾向があります。肛門挙筋症候群や尾骨痛でも似たような症状があり、立ったり座ったりすると肛門が痛みます。同時に肛門が開く感じがあって不眠になることがあります。過敏性腸症候群の場合は肛門の奥が痛いと訴えます。
また陰部神経痛も鈍い不快な肛門痛を生じます。肛門前方で左右に陰部神経の走行を触れます。圧迫すると神経痛を強く訴えます。

原因は、肛門管の上縁で骨盤底を形成している肛門挙筋のけいれんや肥厚、または直腸肛門自身のけいれんではないか、脊髄の刺激かと考えられています。また、心因的なものだろうとも考えられています。いずれにしても、患者は医師に真剣に受け止めてもらえないので苦しんでいます。

病気を治す

仙骨の神経ブロックや陰部神経への神経ブロック、直腸と仙骨の間に麻酔剤を入れたり、肛門挙筋の一部を切離したりなど、さまざまな方法で対処します。
結果は、一時的には楽になりますが繰り返すこともあり、専門医でじっくり根気よく治療する必要があります。内科的な治療としては抗うつ剤内服、神経痛薬内服で症状が改善することがあります。

文責 松田保秀

⇒ 治療ついての情報を見る

サイトマップ個人情報保護方針
特定医療法人社団松愛会 松田病院 〒432-8061静岡県浜松市西区入野町753  Copyright© Matsuda Hospital, All Rights Reserved.